体臭をおさえるキャットフード

愛猫が可愛いのは確かだけれど、体臭がひどくて困る...とお悩みの方も多いことでしょう。
それは元々そういう体質なのではなく、猫の食生活そのものに原因があることがほとんどです。
今回は、猫の体臭を抑えるキャットフードについてご紹介します。

そもそも、キャットフードが浸透していなかった頃は人の残飯であったり、そうでなくともご飯に味噌汁を混ぜて食べさせたりといった、キャットフードの定義から外れるものを食べさせることが一般的でした。
愛猫の体臭が気になる方の中で、こういったものをあげ続けている方はいないでしょうか。
これは、元々猫の体臭を抑えるべく作られたものではないので、これが原因である場合があります。

また、経年劣化したキャットフードをあげているのが原因である場合もあります。
というのも、劣化してしまったキャットフードは酸化が進み、これを食べることにより胃から発生する悪臭が外へ出ていき、体臭として感じられることがあるのです。
「キャットフードをあげているのになぜ?」と疑問になっている場合は、賞味期限や保存期間を確認するようにしましょう。

体臭を抑える効果のあるフードはほとんどありませんが、体臭を抑えることはできます。
1つは、「粗悪な材料を使用したキャットフードはあげないこと」です。
少しでも出費を抑えるべく、周囲の商品よりも安いものを選びたくなるのは自然なことですが、安いものは安さに比例して材料の質も落ちていきます。
その質の悪い材料が体臭を引き起こしているということが考えられるため、あまりキャットフードの費用の出し惜しみは良くないというわけです。
愛猫のためにも安心して与えられる質の良いキャットフードを選びましょう。

流行りのグルテンフリーのキャットフードは愛猫の健康維持のために良いといわれています。
また、「栄養素がかたよっていること」も原因です。
ドライタイプに多い総合栄養食では特に問題はありませんが、それ以外のタイプではタンパク質や脂質が少ない場合や、炭水化物が多い場合があります。
それらのバランスを保てなければ老廃物を上手く排出できず、それが原因で体臭を引き起こすことがあるのです。
なので、栄養バランスの考慮も不可欠です。